ゴミは少しでも減らす。緩衝材の工夫

引っ越しの時、割れ物を包むときには大体チラシや古い新聞などを包装紙代わりに使うと思うのですが、引っ越しがいざ終了してからそのゴミの量はとんでも無く多くないでしょうか。
引越し後は何かとバタバタしますから、片付けも簡素化できた方が嬉しいですよね。
そんな時には、ぜひ家中のタオルを引っ張りだしてください。そして、お皿を何枚か重ねてタオルで包んでみてください。それだけでも衝撃緩和には十分役に立ちます。
最終タオルはたたんで棚に戻せばゴミが出ずに、必要なもので包むことができるので、出来る限りこの方法を使ったほうが後々楽になります。
他には本を敷き詰めておくなどでも衝撃緩和には十分役に立ちますので、ぜひお試しください。